男性の薄毛の原因は遺伝、食生活、生活習慣もありますが圧倒的に男性型脱毛症(AGA)多いと言われています。

でも、ここでふと不思議に思うことありませんか?これは私だけでなくあなたも思ったことがあるはず!

そう!そうなんですよ!それは・・・

「なぜハゲるのは頭頂部、おでこの生え際ばかりなのか?」ってこと。確かにどんなに頭のてっぺんがハゲてても側頭部や後頭部の髪はしっかり生えてますよね。なぜ・・・。

今回は、そんな素朴なハゲの疑問を調べてみましたので参考までに。

ハゲる原因1つ目は男性ホルモンが関係

 
男性型脱毛症(AGA)が起こる原因は前述したように細かく言えばいくつかあるが、中でも男性ホルモンによる悪影響が最も大きな原因だと言われています。

これは、あなたもすでにご存知かもしれませんね。

初めて聞く方のためにわかりやすく説明すると・・・

男性ホルモンの一種にテストステロンがあるが、このホルモンは男が男らしくいるために必要なホルモンで骨や筋肉の生成に作用します。

このテストステロンが毛乳頭細胞内に入ると還元酵素である5αリラクターゼと結合するとより活性の強い男性ホルモン「ジヒドテストステロン(DHT)」に変換されます。

わかりやすく言えば、ドラゴンボールの孫悟空がサイヤ人からスーパーサイヤ人になるようなものです。もっといえば、スーパーサイヤ人からスーパーサイヤ人ゴッドになるみたいな。余計わからないかな・・・。(=_=;)

話を戻すと・・・
DHTは毛乳頭を攻撃することで毛母細胞の増殖を抑制して髪の毛の成長を阻害します。成長を阻害された髪の毛はどんどん痩せ細り、やがて抜け落ちてしまいます。

詳しく知りたい方はこちらの関連記事をどうぞ(^◇^)

DHT(ジヒドロテストステロン)とは?発生のメカニズムと抑制方法

ハゲる原因2つめは男性ホルモンレセプター

ハゲる原因の2つ目は、男性ホルモンレセプター(受容体)の存在です。

これは何かというと・・・
名前とおり男性ホルモンの受容体です。と言ってもピンときませんね。

 人間の体にはさまざまなレセプター(受容体)があります。たとえば体内でホルモンがしっかりと作用するためには、細胞がホルモンの情報を受け取る受け皿を持っていいなければいけません。

これを感受性と言ったりもしますが、この受け皿のことをレセプター(受容体)と言います。つまりホルモンはレセプターと結合して初めて働くわけですね。

そして男性ホルモンが作用するためには男性ホルモンの情報を受け取るレセプターがなければだめで、これを男性ホルモンレセプターと言います。

ネットで薄毛サイトを見ても、5αリラクターゼやテストステロンのことばかりで、この男性ホルモンレセプターに触れている記事が少ないですね。だから初めて聞く方も多いかもしれません。

ハゲる原因に活性の強いDHTの発生が関係していることには先ほど触れましたが、実はDHTが厄介なのはココからです!

DHTと男性ホルモンレセプターが結合すると毛乳頭細胞内で別の脱毛因子である「TGF-β」が作られます。すると毛乳頭は委縮し毛母細胞の成長は抑制されアポトーシスを起こすようになります。

アポトーシスとはプログラムされた細胞死のことで、つまり毛母細胞は成長するどころかどんどん死んでしまうということ。そもそも髪の毛は毛母細胞が角化したものなので、毛母細胞が死んでいけば髪の毛は当然、痩せ細り抜け落ちてしまいます。

これがハゲてしまう原因の2つ目です。

なぜ頭頂部・生え際ばかりハゲるのか?

そして、ここからがこの記事の本題ですね!

では「なぜ側頭部や後頭部はハゲないのにおでこの生え際や頭頂部ばかりハゲるのか?」ですよね。

原因はいたって簡単で、男性ホルモンレセプターは後頭部や側頭部にはごくわずかしかないためDHTの悪影響を受けにくいんです。

逆に生え際や頭頂部など頭のてっぺんには、この男性ホルモンレセプターが密集しています。そのためDHTが発生すればするほど男性ホルモンレセプターと結合し抜け毛を誘発してしまうわけです。

仮に生え際はハゲ始めたけど頭頂部は大丈夫なひと。頭頂部は薄くなってきたけど生え際は大丈夫な人がいますが、これは時間の問題なんので安心してはダメです!

やがて時間が経てばおでこの生え際は後退し、頭頂部の抜け毛・薄毛の部分も広がっていきやがて繋がります。

このようにハゲに生え際や頭頂部に多いのは男性ホルモンレセプターが大きく関係しているということです。

まとめ

ココまでハゲる原因はDHTと男性ホルモンレセプターが関係していると説明しましたが、こう考えるとハゲないためには男性ホルモンレセプターの数を減らせば簡単ですが、それができないから苦労するわけで・・・。

だからまずハゲないためには、

  1. 5αリラクターゼを抑制してDHTの発生を防ぐ
  2. TGF-βの働きをブロックして毛母細胞のアポトーシスを防ぐ

ことはハゲ対策として必須になります。