頭皮マッサージ やり方
薄毛や抜け毛対策はできるだけ早い段階で行うことが大切です。とはいっても「何から始めればいいのかわからない…」という方もいらっしゃるでしょう。

そこで誰でも手軽にできるのが頭皮マッサージです。

今回は、頭皮マッサージがなぜ育毛に良いのか、そして正しい頭皮マッサージのやり方をご紹介します。

もし、「マッサージをして抜け毛が増えた…」という方がいたら、それはマッサージの方法が間違っている証拠です。

そういった方も含め、これからマッサージを取り入れてみようという方もぜひ参考にどうぞ。
これは実際に私が実践して効果を実感した方法です。

なぜ育毛に有効なのか?

抜け毛や薄毛が進行するするにつれて頭皮は突っ張って硬くなってきます。裏を交わせば頭皮が硬くなるから薄毛が進行するとも言えます。

頭皮が硬くなると血流は悪くなり、その結果、薄毛が進行するかというと

あなたもご存じのとおり髪の毛には栄養が必須です。毎日の食事から摂取された栄養が髪の毛を作る材料になります。

しかしその栄養がすべて髪の毛の材料になるわけではありません。栄養が届けられる場所には優先順位があり髪に届くのは爪とならんで最後です。

栄養は血液に乗って全身の血管を駆け巡り運ばれます。血流が悪ければ当然栄養の届きは悪くなります。

ただでさえ頭は体の中でもっとも血液が流れにくい部位で、しかも頭皮への栄養補給は後回しにされるのですからに血流が悪くては届く栄養はさらに減りますよね。

だからこそ頭皮への血流は常に良好であることが髪の毛の成長のためにも望ましいのです。

そこで頭皮の血流を良くしようと思った時にもっとも手っ取り早くできるのが頭皮マッサージです。2~3分と時間もかからず空いた隙間時間にいつでも場所を選ばずできのがいいですよね。

基本的に頭皮マッサージはいつやっても良いですが、最適な時間帯があります。

そして絶対条件として正しい頭皮マッサージを実践しないと逆効果になることもあります。他の部位のマッサージと違って頭皮マッサージの場合は注意しなければいけないことがあります。

それも踏まえて頭皮マッサージを行うようにしましょう。

シャンプーマッサージが基本

ほとんどの方はわざわざマッサージの時間を設けて行っていますが、私はお風呂に入ったときに行うようにしています。

この入浴タイムが頭皮マッサージをするのに最適な時間帯です。

入浴タイムは体も温まり筋肉もほぐれ自然と血行も良くなりますよね。お風呂に浸かって体が温まったところでシャンプーをしますが、私はその時マッサージを兼ねてシャンプーしています。

中には、「シャンプーすると髪が抜けちゃう…」からと抜けないようにサラッと軽く洗っている方もいますが、それは間違いです。

結論から言えば正しいシャンプー方法をすれば抜け毛が増えることはないというのが実際に頭皮マッサージを実践してみてわかったことです。

個人差はありますが誰しも1日50本~90本は髪の毛は抜けます。ヘアサイクルが正常であればだれでもこれぐらい毎日抜けているんです。だから安心してください。

抜けた分は別の毛穴からまた生えてきます。そしてその髪も整腸しきって時が経てばいずれ抜け落ち、また別の毛穴から生える。

こういったヘアサイクルを繰り返しているんです。

このヘアサイクルが何歳になっても正常な人は抜けた分だけまた生えてくるので基本的に髪の毛の総本数自体はほとんど変わりません。つまり薄毛が進行しハゲになることはないと言えます。

髪の毛を守ろうと思ったらまず毛母細胞へ栄養がきちんと届く状態を維持すること。そのためには正しくシャンプーして頭皮を清潔にして血行を良くしておくことが大切です。

基本は食事、睡眠、適度な運動を心掛けて頭皮マッサージを習慣づける。その上で使いたいと思う方は育毛剤を使えばいいと思います。

マッサージで大事なことは新生毛を抜かないこと

マッサージで大事なことは「新生毛を抜かない」ことです。

血行を少しでも良くしようと闇雲に強く揉むと新生毛を抜いてしまいかねません。頭皮をただ指で揉めばいいというものではありません。

新生毛は植えたばかりの稲と同じで少しの圧ですぐに抜けてしまうので要注意!マッサージして逆に抜け毛が増えたという方はやり方が間違っている証拠。

マッサージの基本は両手の指頭(指紋の渦巻の中心と指先の中間あたり)を頭皮にしっかりくっついている状態であること。これがポイントです。

指頭を頭皮にしっかりと密着させ擦らないように小刻みに頭皮を揺り動かすように洗うのがコツです。目安としては1秒間に往復1回~2回の速さで頭皮をマッサージします。

この時、指頭が頭皮全体にくまなく触れる必要はありません。頭皮が動けば毛穴絞られるような状態になるので毛穴に溜まった皮脂スムーズに除去できます。

正しいシャンプーマッサージ方法を知りたい方はこちらの記事を参考にどうぞ。

薄毛が気になるあなたへ~正しいシャンプー方法を実践しよう!

安心してください!正しいシャンプーマッサージをすれば生えたばかりのか弱い新生毛を引き抜くことはありません。

細い体毛は擦っても抜けないのはなぜ?

「腕や足に生えている細い毛はゴシゴシ洗っても抜けないじゃないか」

中にはこんな疑問を持つ方もいると思います。そもそも体毛の毛穴と頭皮の毛穴は大きさや皮脂の分泌量が違います。

体毛の場合は小さな毛穴から細い毛がはえていますが、髪の毛の場合はそれまで太い毛が生えていたため、その分毛穴も大きいです。そして頭皮の毛穴は顔のTゾーンと同じくらい皮脂分泌が活発な場所でもあります。

イメージするとローソクに似ています。ロウが皮脂、芯が新生毛だと思ってください。そんな状態で生えてくるので擦ってしまうと簡単に新生毛は抜けてしまいます。

せっかく生えてきた新生毛を引き抜いてしまうと、その毛穴からまた新生毛が生えてくるのは平均で約4か月後です。その新生毛をまたゴシゴシ擦ってしまうと…

こういった状態を繰り返していては新生毛が太くなることも長く伸びることもありません。それどころか全体の髪の毛の量は徐々に減って行くのは想像できますよね。

体毛と違って頭皮、そして髪の毛はデリケートなのです。でも正しいシャンプーマッサージをすれば不必要に抜いてしまうことはないので安心して実践してみましょう。

まとめ

育毛対策をと考えたとき多くの人は「髪の毛を増やすこと」に注意しがちです。でもそうではありません。

私も「何か育毛対策をしなきゃ!」と考えたきは如何にして髪の毛を増やせばいいのかばかり考えていました。

でも半年以上、育毛対策を実践してみて分かったことがあります。

それは…

  • 抜けてよい髪の毛は抜けて良い
  • 抜いてはいけない髪の毛は絶対に抜かないこと

ことです。

「何を当たり前なことを…」と思うかもしれませんが、これが意外にみんなできていないんだなと感じたんです。

新生毛は頭皮からちょこんと顔を出している程度で、しかも細いため見た目には気づきません。だから抜けても当然気づきませんよね。

せっかく芽を出したその存在を気づかれることなく間違った洗髪方法やマッサージ方法によって引き抜かれてしまう…。こんな悲しいことがあるでしょうか?

抜けなければ新生毛は徐々に成長し今頃太くてしっかりした髪の毛になっていたかもしれないのに…。悲しいことです。

誰しも毎日髪の毛は抜けます。自然に抜ける髪の毛は一生を終えた髪の毛だから抜けても良いのです。「ありがとう」と感謝しなければいけません。そして嬉しいことに4ヶ月経てば、またそこから新生毛が産声をあげてるのですから。感謝しかありませんよね。

ところが私は、十二分に役目を待とうした髪の毛をあろうことか強引に引き止めようと必死になり、新たに芽生えたばてかりの新生毛の存在を知ることもなく間違ったシャンプー方法を実践して抜いてしまっていたんだなと。

もしかしたら、あなたも抜けても良い髪の毛を何とか守ろうとするあまり洗髪がおろそかになり皮脂が過剰に溜まっていませんか?

もちろん摂り過ぎは良くありませんが、過剰な皮脂がある状態ではこれからまだまだ太く長く成長するはずの髪の毛が育ちにくくなります。

間違った洗髪方法で新生毛が立派になった姿を見ることなく引き抜いていませんか?

そうならない為にも、正しいマッサージを実践して頭皮の機能をしっかり維持できるように心掛けましょう。