薄毛や抜け毛が気になり始めると、手始めに育毛シャンプーを使ってみようという方は多いのではないでしょうか?

ところが期待とは逆に、「使ってみたものの効果があるのか?、ないのか?実感がない・・・。」と感じている方もいるのではないでしょうか。

今すでに使っている方、これから使おうと考えている方のために、

育毛シャンプーとはそもそも何なのか?
本当に、育毛効果が期待できるのか?
普通のシャンプーと何が違うのか?

といった、育毛シャンプーによくある疑問にスポットをあててご紹介していきます。

同じシャンプーなのに値段が全然違うのはなぜ?

シャンプーには500円以下のものから5000円以上のものまで、値段に大きな開きがあります。

私が知っている中には1万円を超えるもの。逆にシャンプーとリンスのセットで500円で買えるものありますよね。

「この値段の差はなんだろう…」と疑問に思いますよね。

結論からいうと、この値段の差は単純に配合成分の違いやブランド・メーカーによるものです。

ブランド力があるメーカーは、少々値段が高くても宣伝効果でそれなりに売れていきますが、そうでないメーカーはやはりリーズナブルな値段でないと売れないというのもあります。

また、値段が高いということは、それだけ配合成分や製造方法にコストをかけているとも言えます。

そうは言っても・・・

  • 「値段の差ほど配合成分に違いがあるの?」
  • 「成分が違うと、そんなに洗い上がりや髪の毛への影響もちがうの?」
  • というのも気になるところですよね。

    実際に安いシャンプーと高いシャンプーの両者を使ってみた方はわかると思いますが、まず洗い上がりの使用感はハッキリとわかります。

    とは言っても、髪の毛への影響がすぐに出るわけではないので、少々のキシみやパサつきは気にせず使い続ける方も多いと思います。何より経済的ですからね。

    安いには安いだけの理由がある

    実は安いシャンプーには粗悪な成分が使用されているものがほとんどです。

    商品の裏に明記されている成分表をよく見ると、ほとんどのものに「シリコン」が配合されています。

    シリコンって何?

    シリコンはシャンプーだけではなくヘアケア商品や化粧品にも配合されていて”シリコンオイル”とも呼ばれています。

    他にシリコンスプレーとして自動車のコーティング用の他にも潤滑・防水・撥水目的など。工業用だけでなく暮らしの中でも便利な使い道がたくさんあります。

    例えば、開閉しずらくなった窓・扉・障子・ふすまのレールなど、とにかく対象がどんな素材であろうと一吹きで開閉がスムーズになります。

    オイルなので当然ながら滑りは滑らかになるわけです。

    たとえシャンプーの成分表にシリコンと表記がなくても、「〇〇メチコン」といった名前で表記されていることが多いです。気になる方は今使っているシャンプーの成分表をチェックしてみましょう。

    なぜ、シリコンが入っているのか?

    このシリコンがシャンプーに配合されている目的は、”コーティング剤”としての役目をするためです。

    シャンプーは洗浄するものなのに、なぜシリコンが入っているのか不思議ですよね。

    値段が安いシャンプーの代表格は高級アルコール系シャンプーです。そして、このシャンプーは非常に洗浄力が強く髪の毛や頭皮に適度に必要な油分を根こそぎとってしまいます。

    すると髪の毛や頭皮はカサカサ、パサパサになってしまうのです。

    でも実際に高級アルコール系シャンプーを使っている方の中には、「全然、パサパサにならないよ」「むしろアミノ酸系シャンプーより滑らか」と感じる方もいませんか?

    その理由こそが高級アルコール系シャンプーに配合されているシリコンなのです。

    シリコンは髪の毛をコーティングして滑らかにしてくれる成分なため、シリコンを入れることで洗い上がりの手触りが飛躍的にアップします。

    シリコンは低コストで、しかもシャンプーのかさ増しにもなる上、洗った後の使用感も良いのであれば利益追求型のメーカーは取り入れない理由はないですよね。

    要注意!アミノ酸配合だからと安心は禁物!

    注意してほしいのは「アミノ酸配合シャンプー」と明記されたシャンプーです。

    「アミノ酸配合」と明記されていると中にはアミノ酸系シャンプーのことだと勘違いする方がいますが、これは全くの別物なので要注意ですよ! 

    よく高級アるコール系シャンプーに「アミノ酸配合」と明記されている商品を見かけますが、これはアミノ酸成分をほんのごく少量いれているだけの商品です。

    洗浄力の強さと頭皮や髪の毛への刺激は高級アルコール系シャンプーと全く同じなので、「アミノ酸配合」という文字に騙されないようにしましょう。

    育毛シャンプーにはどんなシャンプーがあるの?

    育毛シャンプーとしての代表格はやはり・・・

  • アミノ酸系シャンプー
  • ベタイン系シャンプー
  • この2タイプでしょう。

    ただ、良いのはわかるけどアミノ酸系・ベタイン系のシャンプーは「高い・・・」と感じている方も多いのではないでしょうか。

    育毛シャンプーの値段の相場

    確かに値段だけを見ると、コンビニやスーパー、ドラッグストアで安価で購入できる高級アルコール系シャンプーと比べると雲泥の差ですから。

    安いシャンプーはリンスとセットでも500円以下で購入できるもの、かたやアミノ酸系、ベタイン系のシャンプーは安くても3000円から高いもので8000円するものも。

    値段だけをみると「高い・・・」と感じても仕方ないですよね。

    なぜ、こんなに値段が高いの?

    値段だけ見ると高いと感じますが、その理由を知れば「確かにそれだけの値段はするな」「逆に安いのでは?」と感じる方もいるでしょう。

    前述したように値段の差は、配合成分の差です。

    科学的に作られた添加物を使えば、製造コストを抑えることができるので安価な値段で販売することができます。仮に500円でも利益率は高いです。

    例えば、高級アルコール系シャンプーのほとんどに「ラウリル酸ナトリウム(ラウリル硫酸ナトリウム)」が配合されています。なぜなら安いからです。

    しかし、ラウリル酸ナトリウムは髪の毛や頭皮にとっては刺激が強すぎるため、頭皮だけでなく顔や背中などに肌トラブルを起こしやすいと言われています。

    実際に、顔の肌トラブルを起こした人、フケが異常に発生して乾燥して痒いと悩んでいた人が皮膚科に行って診てもらったところ、原因はシャンプーだったということもよく聞く話です。

    一方、高価なシャンプーは天然由来成分を使っています。天然由来だからといって全くトラブルが起きないとは言いきれません。アレルギーを持つ方なら配合成分に注意する必要はあります。

    でももし、シャンプーの配合成分にこだわってアミノ酸系・ベタイン系シャンプーを使っていたら肌トラブルは起きなかったかもしれません。

    実際に、シャンプーを変えてからこういったトラブルが起こらなくなったという人もいます。

    なにより天然成分は皮膚に優しく、洗浄力が適度な弱さのため過度に皮膚から油分を取りません。

    実際に私が育毛シャンプーを使った個人的な感想

    育毛シャンプーという名前からして使うと育毛効果がありそうなイメージですよね。

    髪がフサフサとまではいかないまでも少なからずは髪が増えてくれるんじゃないかと期待してしまいます。

    私もそんな期待をして500円ほどのシャンプーからアミノ酸系の育毛シャンプーへ変えました。

    結論から言うと、育毛シャンプーを使うことで直接髪の毛が増えることはありません。これはあくまでも私個人の見解ですが・・・。

    厳密にいうと、抜け毛は減りますが増えることはなかったです。要は「減りはしないが増えもしない・・・」って感じですかね。

    良い成分が配合されているから、髪を洗った後すぐに洗い流さずにリンスみたく3分程放置したてみたり・・・とあれこれ試してみましたが増えることはなかったです。私の場合はですが。

    育毛シャンプーは効果ないから使う意味はない?

    実際に、私が育毛シャンプーを使ってみて感じたことは、「髪は増えない・・・」でした。

    こういうと、「高い金払ってまで使う意味ないんじゃね?」とそう突っ込みされますよね。

    ただ、育毛効果が全くないかというと私はそうは思いません。

    なぜなら、直接的な効果はなくとも間接的には大いに好影響を与えていると感じたからです。

    私の実家はもともと農家だったので、農作物を例にお話しすると・・・

    元気な稲を育てるのと、太くてコシのある元気な髪の毛を育てるのは同じだと思うんです。

    元気な稲を育てるには土壌・「栄養(肥料)・水・水路、そして苗(種)が最低限必要ですよね。どれが大事というより、どれか1つ欠けても元気な稲は育ちませんよね。

  • 稲 =髪の毛
  • 土壌 = 頭皮
  • = 血管
  • 水 = 血液
  • 苗 = 毛包(毛球)
  • こう考えてみると、元気な髪の毛を育てるためには実は今すでに生えている髪の毛以外の部分が重要なのがわかります。

    つまり、元気な髪の毛を育てるのは髪の毛以外の部分をいかにケアするかで変わってくるということなんです。

    育毛シャンプーにはどんな効果を期待すればいいのか?

    では、いったい育毛シャンプーは何をしてくるのか?

    それは、「頭皮の状態を健康に保ってくれる」「今、健康でなくとも徐々に健康的な頭皮に戻してくれる」ことではないかと。

    頭皮は全身のどの部分の皮膚よりも繊細です。つまり刺激に弱い部位なんです。そして必要以上に油分が溜まっていると毛穴を塞ぎ毛包の働きを低下させてしまいます。

    だからといって油分をシャンプーで落とし過ぎてもダメです。

    皮膚には適度な油分が必要で、この油分が皮膚の潤いを保ち、外的からの刺激をバリア機能で保護してくれるのです。

    そういった頭皮の健康状態を保つため、もしくは健康状態にもう一度戻す為にも育毛シャンプー、いわゆるアミノ酸系・ベタイン系シャンプーは好影響を与えてくれます。

    髪の毛は3~5年周期で少しずつ生え変わっています。これをヘアサイクルと言ったりします。

    育毛シャンプーは、直接的に髪の毛を増やす効果はないかもしれませんが、元気な髪の毛を育てるための土台を整えてくれるものです。

    その上で、髪の毛に必要な栄養を日々の食事から摂ること、頭皮の血流を良くしてあげること、育毛剤などでケアすることで、これらの働きをより効果的にする手助けになります。

    「確かに、そうだな!」と思われた方は、育毛シャンプーを一度試してみてはいかがでしょうか。