少しでも髪の毛や頭皮に低刺激で優しいシャンプーと考えてアミノ酸系シャンプーに切り替える方は多いと思います。

ところが、いざ使ってみると髪が皮脂でベタついてしまうという悩みをよく聞きます。そして「私にはアミノ酸系シャンプーは合わない…」とすぐに使用を止めてしまう方も多いようです。

今回は、そんな方の悩みや疑問を解決していきます。

アミノ酸系シャンプーでベタベタしてしまう原因

今まで高級アルコール系シャンプーを使っている方がアミノ酸系シャンプーに切り替えると髪がベタベタするという悩みをよく聞きます。

理由は、高級アルコール系シャンプーは洗浄力が非常に強いため、本来頭皮に必要な油分までも奪ってしまうからです。

油分を過度に奪ってしまうと体の防御反応が働き頭皮の皮脂不足を解消しようと、必要以上に皮脂を分泌するようになってしまいます。そのため頭皮がベタベタと脂っぽく感じてしまうんです。

すると頭皮や髪のベタつきが気になるため、皮脂をしっかり洗い落とそうと余計に洗ってしまいます。するとまた皮脂不足が起こりさらに皮脂が過剰に分泌されるようになります。

こうやって悪循環を繰り返していくうちに皮脂分泌量はどんどん過剰になり、髪のベタベタ感もさらに増していきます。

高級アルコール系シャンプーを使い続けていた方は油分がないカサカサの状態が正常だと勘違いしてしまいます。そのため洗浄力がマイルドなアミノ酸系シャンプーを使うと、今までよりも皮脂が多く頭皮に残るため「ベタつき」を感じて「自分には合わない…」と感じてしまう方もいます。

でも、これが本来頭皮にとって必要な皮脂量です。

最初はベタつきなどの違和感を感じてしまうかもしれませんが継続して使用していくことで頭皮に必要な油分は保たれるようになっていきます。

そうなれば過剰に皮脂を分泌しなくなるため徐々に正常な頭皮の状態に戻りベタつきを感じなくなっていきます。最初はベタつきを感じるかもしれませんが、まずは1週間ほど様子を見てみましょう。

頭皮や髪にとって皮脂は必要不可欠な存在

頭皮にすむ常在菌によって皮脂は分解され頭皮の水分や汗と混ざり皮脂膜を形成します。

この皮脂膜は頭皮や髪の毛にとって重要な役目をしています。

頭皮や髪の毛の表面を覆うことで潤いを保つだけでなく、外からの刺激による損傷を防いでくれているのです。いわばバリア機能を果たしています。

もし、このバリアがなくなればどうなるでしょう?

もう想像はつきますよね。水分は蒸発して乾燥するだけでなく頭皮や髪の毛の内部まで雑菌やホコリ、紫外線による刺激で損傷してしまいます。

髪のパサつき、切れ毛といった髪のトラブルだけではなく、頭皮が乾燥したり炎症を起こす可能性も高くなります。乾燥した状態はバリア機能が働いていない状態のため刺激に敏感になり痒みを感じる方も多くなります。

そればかりか、抜け毛を促進させる要因にもなり将来薄毛やハゲになる確率も高くなります。

こう見ると皮脂は頭皮や髪にとっていかに重要な役目を果たしているのかがわかりますよね。

皮脂は髪だけでなく頭皮も含めた肌にとっては必要不可欠なものです。しかし少なすぎても多すぎてもダメです。適度な分泌量が望ましいのです。

そのためには常に正常な分泌量を保つことが大切だと言えます。

頭皮の皮脂分泌量が多くなる4つの原因

皮膚表面の皮脂膜は完全に取り除いたとしても1時間後には約50%回復し、3~4時間後には元の状態に戻っていき、必要量の皮脂膜が作られた時点で皮脂の分泌は止まります。

このように皮脂量は常に一定の量が保たれるよう自然にコントロールされています。

しかし普段から肉類中心で野菜を食べない食生活、高級アルコール系など洗浄力が強力はシャンプーの使用や洗いすぎ、ホルモンバランスの乱れ、糖尿病をはじめとする病気や便秘といった体の不調などなど…。

さまざまな原因で自然にコントロールされていた皮脂分泌量が異常を起こすようになります。

以上の原因に当てはまる方は皮脂を過度に取りすぎないと同時に偏った栄養バランスを正したり、体の不調を解消することを心掛けてみましょう。

アミノ酸配合という表記には要注意!

今やアミノ酸系シャンプーは頭皮に優しいシャンプーだということは誰もがご存知ですよね。

そこで1つ注意してほしいことがあります。

それは「なんちゃってアミノ酸系シャンプー」に騙されないことです。容器に「アミノ酸配合」と表記されているシャンプーには要注意です。

「アミノ酸配合」と書かれていれば誰しも「これはアミノ酸系シャンプーだ」と思いますよね。でもこれはあなたがイメージしているアミノ酸系シャンプーとは全くの別物です。

高級アルコール系シャンプーにアミノ酸成分を気休め程度に配合しているだけのシャンプーにすぎません。高級アルコール系シャンプーである以上、洗浄力の強さは同じなので頭皮状態は以前と変わりません。

アミノ酸系シャンプーを購入するときは必ず注意して騙されないようにしましょう。